BXONEへの入金手段は3つ「国内外銀行からの入金」「外部ウォレットからの入金」「クレジットカードによる仮想通貨購入」です。

こちらでは、国内の銀行口座から円入金する場合の注意点について、詳しく解説したいと思います。



| 送金先口座は入金毎に異なります


BXONEへ銀行送金で入金する場合、Depositページから入金リクエストを出し、送金先口座情報を取得する必要があります。

ここで注意する点は、取得する送金先口座情報は入金毎(入金リクエスト毎)に変わるということです。

取得した送金先口座情報は保存せず、入金毎に異なる送金口座情報を取得しなければなりません。


入金リクエストを出して送金口座情報を取得する方法」はこちらでご確認いただけます。



| 以前の指定口座へ誤って送金してしまった場合


以前に取得した送金先指定口座へ送金してしまうと、そのままでは自分のBXONEへ反映しません。

その場合は、「振込の日付・送金額・振込先名義・振込元名義」が確認できる送金明細(ネットバンキングのスクリーンショットまたは明細コピー)を、BXONE(info@bxone.trade)へ送付しましょう。

BXONE側で入金情報の確認ができると、入金処理が完了します。

※ BXONEの法定法定通貨入金は翌営業日までの反映となっていますが、銀行営業時間であればだいたい数時間以内に反映します。
万が一、入金反映が遅い場合も、上記の要領で明細を送付してください。



| その他の注意点


入金の処理が完了する前に入金リクエストをキャンセルしてしまうと、入金が反映されません。

〈入金リクエストのキャンセルページ〉
Deposit_cancel
こちらの画面は、入金リクエストを出す際の最後に表示されます。
また、入金リクエストを出した後に、AssetページにあるDeposit Orders listのDetailボタンを押すと同じ画面が表示されます。

入金額や送金元銀行を変更される場合、銀行送金前にこちらから入金リクエストをキャンセルすることができます。(キャンセル後再度入金リクエストを出します)

銀行から送金した後に間違えてキャンセルしてしまったという場合も、上記の要領で送金明細をBXOBEへ送付してください。


もう一つ、なさそうであるのが.... 送金先口座番号を間違えて送金してしまうケースです。
最悪、資金が戻らないケースもありますので十分に気を付けましょう。

前述の通り送金先口座番号は入金毎に変わりますが、送金先口座の名義は同じです。たまたま、銀行送金画面で間違えて入力した送金先口座番号がBXONE保有の口座だった場合、”いつもと同じ送金先の名義が表示された.... ” と安心して口座番号間違えに気がつかないことがあるようです。

この場合の対処方法も他と同じです。直ぐにBXONEに送金明細を送付してください。


これらの点に気をつければ、BXONEへの銀行入金は、安い(手数料無料)・早い・簡単でとても使い易いです。どうぞご活用ください!