最近、BXONEから日本国内の銀行へ(日本円を)出金する際の手数料が値下げされました。

これまでの手数料:0.5%(最小手数料 500円 / 最大手数料 5000円)
改定後の手数料:一律500円

海外の銀行へ出金する場合や、出金条件の詳細につきましては、こちらの記事でご確認いただけます。

というわけで、早速、日本の銀行へ円を出金してみました!
出金方法のおさらいをしながら、手数料や処理日数をチェックしていきましょう。


★BXONEへのログインはこちら

jpy_withdraw1
BXOENにログインし、Withdrawalページ を開きます。
Currency のプルダウンから JPY を選択して、「Continue」をクリックします。


jpy_withdraw2
記入例を参考に必要情報を入力して、「Continue」をクリックします。

 Currency:通貨 記入不要
 Amount option:Input amount (出金希望額を入力) 
        Withdrawal full amount in selected currency(指定通貨の全額を出金する)
 Amount:希望の出金額
 Bank account:こちらから、以前に送金した銀行口座を指定して、口座情報を反映することができます。
 Bank country:銀行のある国
 Bank name:銀行名
 Account number type:日本の銀行へ送金する場合は Account#を指定します
 Account#/IBAN:7桁の銀行口座番号
 Beneficary name:受益者名 記入不要
 Memo:記入不要

※ 送金先銀行口座は、BXONEと同じ名義でなければなりません。


jpy_withdraw3
こちらのページで、入力した送金先情報に誤りがないか確認します。
問題無ければ、2FA code に2段階認証のコードを入力して、「Process」をクリックして完了です。

※2段階認証は、SMS(ショートメール)かGoogle認証アプリのどちらか設定されている方で取得します。


jpy_withdraw4
出金をキャンセルしたい場合は、(まだBXONE側で処理が行われる前なら)
Transactionsページ の下部 Withdraw waiting orders から手続き可能です。

「Detail」をクリックして、次のページで「Cancel」をクリックします。

出金先口座を変更したい場合なども、こちらの方法でキャンセルしてから、再度 Withdrawalページから依頼を出しましょう。


jpy_withdraw5
BXONE側で出金処理が完了すると、Transactionsページ の Transactions リストで履歴の確認が可能になります。

履歴の項目を確認しましょう。

 #id:出金処理番号です。BXONEへ問合せの際はこちらを伝えるとスムーズになります。
 type:withdraw_fiat (法定通貨の出金)
 currency:JPY(送金通貨)
 commission:-500(出金手数料)
 balance before:出金前の残高
 balance after:出金後の残高
 date:出金処理が完了した日時


10万円の送金で500円の手数料だったことが確認できました。
100万円でも500円なので、かなりお得です!

日本銀行への日本円出金は、処理日数が4営業日以内とされていますが、
1日ですんなり出金できました。


送金手数料がお得なBXONEウォレットの開設はこちらからお願いします。