こちらでは、BXONEのKYC登録について詳しく解説いたします。

KYC(Know Your Customer)とは、本人確認のプロセスのことを言います。

BXONEは開設後直ぐに仮想通貨入金や両替が可能ですが、法定通貨の入金や出金にはKYCの提出が必要です。

入出金をスムーズに行うためにも、BXONEを開設したらKYC登録を済ませておきましょう。

BXONEのKYCは、3つのプロセスに分かれています。
1~3まで、順番に登録を進めて行きます。

1)Personal Information:必要情報の登録
2)KYC Documents:証明写真付きの身分証の提出と顔写真の撮影
3)Proof of residence:住所証明書類の提出

BXONEログインはこちら 


|1)Personal Information(必要情報の登録)

ここでは、電話番号や住所などの個人情報を登録します。
全て半角英数での入力です。

(※全ての画像はクリックすると大きな画面で開きます)
KYC1
画面左の項目からKYCをクリックします。
Personal Information の横の Edit ボタンをクリックします。


KYC_information
画像の記入例を参考に、必要情報を入力してください。

※住所:アルファベットで書く場合は、順番が逆になります。Addressの部分に部屋番号や番地などが入ります。
※電話番号:+国番号(日本なら +81)を入れて頭の0を取ります。

Confirm を押すと確認画面が出るので、間違いが無ければまた Confirm を押します。


KYC_information3
Back to KYC top. を押してKYCトップページに戻ります。


KYCトップページに戻ると、Personal Information の文字の左に緑の虫眼鏡と”クルクル”が表示されていますが、気にせず次の項目 KYC Documents  Proof of residence に進んでください。

3つの項目を全て登録すると自動的に審査待ちの状態になり、1週間前後で審査が完了します。
審査が終わると ”クルクル” が緑の ”” マークに変わります。



次の KYC Documents、Proof of residence については、
BXONE開設したらKYCを登録しよう② の記事で解説いたします。